ちょっと一息...

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エバーグレーズ国立公園

3月16日から20日にフロリダ州マイアミ市で開かれたIODP SPC会議に参加しました。ほとんど会議室に缶詰状態でしたが,会議前にマイアミ大学のLarry Peterson博士の案内でエバーグレーズ国立公園を見学してきました。このような巡検は国際パネルの開催前日に必ずある企画で,時差ボケの解消とご当地の地質のちょっとした理解に役立っています。

d0113287_1504669.jpg

d0113287_6365599.jpg

d0113287_1512381.jpg

d0113287_14521369.jpg

d0113287_1722396.jpg

d0113287_1721593.jpg

d0113287_14523937.jpg

d0113287_1453157.jpg


こんなにたくさんのワニ(アリゲーター)がいると思っていなかったので逆の意味で期待を裏切ってくれました。はじめは遠くの茂みに見える見える!といっていたのが,今度は目の前に横たわっていて,もっと奥に行くと10匹以上のワニが甲羅干ししていて,いちどに20年分くらいのワニを見たような気がしました。トレイルにそっていろいろな種類の水鳥も見ることができましたし,えさを捕まえる瞬間を見せてくれたり,最後まで見飽ることがありませんでした。

d0113287_1125565.jpg


エバーグレーズ国立公園はフロリダ半島の南端部の広大な面積を占め,そこには海抜数メートルの平坦な沼沢地が広がります。野生の水鳥やワニなどが棲息しており,今回訪れたアンヒンガトレイルではそれらを身近に観察することができました。

エバーグレーズの地理的特徴は雨期の洪水と乾期の干ばつだそうです。フロリダ半島中央部オーランド付近から汽水がキシミー川を経て100km南のオカチョビ湖に注ぎます。雨期にはオカチョビ湖から南端のフロリダ湾に向けて石灰岩地帯の上を幅97km, 全長160kmのゆっくりとした川が流れます。今回訪れたのは乾期にあたり,湿地は一面草に覆われていましたが,雨期には水に覆われるそうです。

もっと興味のある方はフォトギャラリーもご覧下さい。
[PR]
by geomantleh2 | 2009-03-25 15:03 |



コーヒーでもいかがですか
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
このブログに掲載されている写真,画像を無断で使用することを禁じます。
Copyrights © 2007-2012 All Rights Reserved.
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧